2021年のCES代替イベントがマカオで開催予定!ラスベガスに匹敵するフェア開催!

カジ旅 ニュース

現在、世界最大のギャンブルセンターといわれているマカオが、毎年ラスベガスで開催している世界的にも有名なCESに匹敵するテックフェアを2021年に開催する予定と表明しました。

マカオでカジノ中心となっている経済を住民のために多様化させたいことが、一端となっています。
人々を引き付けるためのイベントとして、どんなイベントとなるのでしょうか。

リオ
リオ
2021年のCES代替イベントがマカオで開催予定について、様々な角度からご紹介していきます。

2021年のCES代替イベントがマカオで開催予定!ラスベガスに匹敵するフェア開催!

世界最大のギャンブルセンターのマカオが、ラスベガスで例年開催されている有名なCESに相当するテックフェアを2021年に開催する予定と表明しました。

ビヨンド会議のブレーンは、TechCrunchの元中国パートナーの中国のテックニュースメディアTechNodeの創業者ルー・ガン氏と、マカオのベンチャー投資家の中国のトップ政治諮問機関のCPPCC北京のメンバーのマカオ政府に深いコネクションを持っているジェイソン・ホー氏です。

一部マカオ政府が出資する今回のイベントは、カジノを中心としている経済をマカオの住民のために多様化させるべき地域の長期戦略を示す一端といわれています。

ホー氏は、「マカオは、エンターテインメント産業やホテルといったインフラが充実していますので、人々を惹きつけるイベントを行うにはとても適していると思います」とインタビューで語っています。

マカオが地政学的に中立な立場にあると仮定すると、このイベント開催により中国と世界の懸け橋になるのではないのかと、ホー氏は考えているようです。
また、多くの人々が参加したいと思う、それほど政治的なイベントと感じなく済むような国際的で中立的なイベントを開催できるのは、マカオと香港だけとホー氏は言っています。

ホー氏は、北京政府が旧英国植民地に対し締め付けを強化している姿は、マカオも同じ課題に直面する可能性があると認めています。
香港のRiseから上海のCES Asiaまでの主要な国際的テックフェアが、米中貿易戦争の影響もあり行われなくなりました。
それにより、マカオがアジアからのテックコミュニティ参加者や、中国に関心を持つ人々を引き付ける機会が増え効果があるはずだと、ホー氏は考えています。

マカオは、いずれはシンガポールと並ぶようになりたいと思っており、マカオ政府は海外企業に優しい政策の導入を取り組んでおり、海外に認められるカジノ王国にしたいとホー氏は考えているようです。

ビヨンドは、2021年6月中旬に開催予定ですが、新型コロナウイルスの影響により実施可能性の確実はまだ決まっていないのが現状です。

本場ラスベガスに引けを取らないマカオのカジノ

カジノといえばラスベガスを想像される方も多いと思いますが、マカオのカジノはラスベガスに引けを取らないほどの凄さです。

2020年は新型コロナウイルスの影響で利用者が減りましたが、その前までは日本人観光客も多く訪れる人気のカジノ国です。
ラスベガスに行くよりは近いので、近くでカジノができるとういうことで日本人に人気があります。
新型コロナウイルスが治まったら、是非日本のカジノユーザーに行って欲しい国といえます。

マカオのカジノにはどのような魅力があるのか、以下にご紹介致します。

24時間営業!しかも入場料は無料!

マカオのカジノは、24時間営業です。
そのため、いつ行っても楽しむことができます。
飛行機で遅く到着しても、昼間観光した後でも、いつでも訪れることができます。

しかも、マカオのカジノは入場料が無料です。
気軽に入場して、他の方のプレイを見るだけでもOKです。
カジノ初心者の方は、まずは他のプレイヤーの雰囲気を堪能してから、実際にプレイしても良いでしょう。

ドレスコードは特にない

カジノといえば、上品な格好で行かないといけないイメージがあると思います。
マカオのカジノは、特にドレスコードは決まっていません。
カジュアルな服装でも問題ないので、カジュアルな服装でも問題ありません。
旅行で着ていった服装で構いませんので、着替えることなく入場ができます。

ただし、半ズボンやサンダルは控えた方が良いでしょう。
余りにもカジュアルすぎる場合は、他のお客様との違いがあり過ぎて恥ずかしくなる場合もあります。
また、マカオのカジノは1年中冷房が効いているので、寒い恰好だと寒くなってしまうのでおすすめできません。
肌は出さない格好の方が、長時間楽しめるでしょう。

様々なゲームがある

マカオのカジノには、様々なゲームがあります。
ルーレットやバカラ、ポーカー、ブラックジャックをはじめ、初心者でも遊べるテーブルゲームも揃っています。
初心者の方でも楽しめるカジノばかりですので、カジノ初心者の方にピッタリのカジノ国といえます。
そのため、カジノ初心者の方はラスベガスではなくマカオでカジノデビューする方も多くいます。

コメント